いきさつ
2002年7月 社会科が大嫌いなので英・国の二教科で行ける大学を模索する。

2002年7月 何もわからずとりあえず『日東駒専文系コース』を取る。保谷先生、小野先生が印象に残る。

2002年9月 高3メイト生として『スタンダードコース』で通う。現文は松本先生・古文は小野先生・英文法は久保田先生。英文読解は誰だったか記憶にあらず。

2002年9月 夏に受けた第二回全国センター模試の結果を受け取る。国語55、英語40という偏差値。

2002年11月 71教室、なかなか席の埋まってる『高3スタンダード現代文』の授業で大あくびこいたら松本先生に怒られる。

2002年12月 あいかわらず何もわからず『英語強化コース』っぽいコースを取る。明慶先生、神田先生という布陣。2コマ続きの神田先生のキャラにひきまくり、授業どころではなくなる。以来神田拓郎恐怖症となる。

2003年2月 A大学ただ一校のみ受験する。

2003年3月 落ちる。

2003年3月 高校生じゃなくなる。

2003年4月 LGコースへ。担任はO田課長。

2003年5月 いつも前の席にいる小さい人を記憶に残す。その人が丸Yさんだと知るのは後の話。

2003年8月 やっと英・国・日本史が偏差値over55し始める。

2003年10月 『正道英語』で指された途端頭が真っ白になり、単純な疑問文が作れず大恥をかく。

2003年11月 第一回、第二回、第三回、全統マーク、プレとセンター模試は英語の点数が増える一方。第一回の点数を倍にするとプレの点数みたいな感じ。

2004年2月 『正道英語』と『起死回生の一撃』をコンプリートする。

2004年2月 A大学とN大学とH大学とM大学を受ける。AとHは受かったと確信する。Nもなんとかなるんではないかと思い込む。

2004年3月上旬 結局Aに行くことになる。赤本で解答と合格点を見たが、いまだになぜHに落ちたのか納得いかない。でもHは法学部受験じゃなかったので、今思えば法学部に来れてよかった。

2004年3月中旬 ゼミから来た葉書の「バイトを希望しますか?」欄の「はい」に○をすると、電話がかかってきて面接することに。そして面接。

2004年4月上旬 大学生になる。話したことはないが同じLGクラスだったK嬢と英語の授業が一年間被る。しかし知り合いレベルに留まる。

2004年4月中旬 いつまでも返事をくれないゼミに不快感を感じファミマの面接を受ける。

2004年4月下旬 ファミマの面接を受けた2日後にやっとゼミからバイト採用の連絡が来る。その1日後にファミマから採用の通達がくる。そして代ゼミを選ぶ。

2004年5月1日 初バイト。その日はどうやら新人ラッシュ。午後サテの新人は自分とK石原さん。この日、M瀬氏、伊Tくん、Y井さんと出会う。

2004年5月中旬 「出勤したら私のところに来て」というUッチーの託(ことづけ)があったものの事務室にUッチーがいなかったので「帰るときでいいか」と思い無視して午後サテに向かったところ、人数連絡の時にしかられる。

2004年7月 初模試はYSさんと。教室の外で携帯で競馬を観戦するという行為にカルチャーショックを受ける。あと「~の方へ」という癖がよくわからんがやたら気になった。

2004年7月頃 出iさんを「でいさん」と呼んでいたのは間違いだったのだと気付く。

2004年8月 初めての残り番勤務に挑むcukierに「すみません、今日残り番なんですけど、どうしたらいいんですか?」っぽいことを唐突に訊かれる。

2004年12月 YSさんに「いろいろなバイトした方がいいよ」とアドバイスされる。

2005年1月 「ロシア行きたいんで1ヶ月半休ませてください」というと「良く働いてくれてるから」と認めてくれる。この頃はまだUッチーと言葉を交わすぐらいは苦ではなかった。

2005年3月 春期講習開幕三戦連続登板(しかも8:30~16:45)という偉業をK池さんと達成する。

2005年4月 ノートの持ち込みを覗かれる。詰問された際、シラを切ったら明らかに不快感を示される。

2005年5月 ひらがな事件。Kさん復帰。

2005年6月 経済制裁を喰らう。「バイトやめちゃいな」メール受信。この時点では早くても1月まではやる気でいた。

2005年8月 「他にいないの?」

2005年8月 M島氏に他バイトの勧めを説かれる。この時点でもまだまだやる気でいた。

2005年9月3日 合宿での昼寝中に「あ、辞めよう」とふと思う。ほんと気まぐれ、唐突に。

2005年9月8日 「辞めます。」「いいよ~♪」←すごい笑顔 労いの言葉ひとつもなくこんな笑顔見せられたら辞めるって言ってよかったな、と思う。

2005年9月17日 新バイト(居酒屋)の面接。30分の面接の末、気に入られ即採用。

2005年9月18日 飲み会の話のネタにしたくなかったのでこの日の飲み会が終わりかけるところまで黙る。

2005年9月20日 KKB氏に挨拶。「ゼミが嫌になった?」と珍しく鋭い質問にタジる。

2005年9月25日 ラスト。おさん、とんがらゴチでした。O幡さんに既に箱が開いているチョコをいただく。K塚さんの珍プレーなポスター貼りに感激した以外は平凡な模試でした。


かれこれ3年かぁ。ありがとうございました。cukier、Liceyに直接辞めることを言えなかった点、局長とO田課長に挨拶できなかった点は反省点。次バイトは明日からです。多少大変でもいいから楽しくバイトをしたいという心境。ではゼミのみなさま、次はナゲーホで会いましょう。
[PR]
by ewight | 2005-09-25 21:07 | バイトの話
<< hideミュージアム閉館 命名、田中タチヤナ >>


asi-Eをよろしく
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30